Story

  • What we can ?

    私たちは、家にいる時も、外に出かける時も、常に服を着ています。

    朝起きて、今日はどこに行くのか、誰に会うのか、
    そんなことを考えて服を選ぶ喜び。
    季節が巡り、新しい服に袖を通す喜び。
    好きな服を着ると、なりたい自分へ一歩近づいたような 成長を感じる喜び。

    そんな日常の喜びを、誰かと共に分かち合える方法を考えていきたい。服を買う選択が、誰かの喜びや、地球への思いやりに繋がるように。

    私たちの日々の小さな選択が、10年後の未来を変えられると信じています。

  • Recycled Material

    M_ のアイコン的な素材、リサイクルマテリアル。
    プリーツシリーズは、ペットボトルなどのリサイクル原料から再生されたポリエステル繊維をもとに作られています。
    締めつけがなく軽やかで、シワにもなりにくい。
    さらに、自宅洗いもできるイージーケアなアイテムです。

    普段、何気なく捨てているゴミだって、
    しっかり分別して循環させれば新しい服に生まれ変わることができる。
    限りある資源を有効活用したこの素材は、
    M_ のメインアイテムに使用されています。

  • Organic Cotton

    オーガニックコットンは自然の恵みを受けて育ち、地球にも人にも優しい素材。オーガニックコットンの栽培には、時間と手間がとてもかかります。オーガニックコ ットンを取り入れていくことは、安心できれいな自然を残す手助けに繋がります。社会や自然環境や生産者に想いを馳せて、あたりまえに毎日着るモノが、よりよい未来 に繋がるように。

  • Leather

    長く使えるものを。

    革製品は動物の命から生まれるもの。経年変化を重ねながら、永続的に愛用していける強度があります。M_ は、化学物質や廃棄物の管理、エネルギー消費、二酸化炭素の排出、水処理といった主要分野で、製革工場の環境対策をしているLWGの認証を、日本で唯一取得している繁栄皮 革工業所のレザーを使用しています。皮から革へと変化させる先人たちの知恵を真摯に受け継ぎ、大量生産ではなく、限られた数の本革をしっかり管理された工程で作る。それが、命を大切にする意味だと考えています。感謝の気持ちを忘れず、長く使えるモノだけを作り続けることもまた、持続可能な未来への一歩になると信じて。

  • Made from forest

    森林から生まれた繊維『テンセルTM』。オーストリアのレンチング社で製造される、この植物由来の繊維は、生地に優しい肌 触りと美しいドレープ感、光沢を与える 上質素材です。ドライタッチで通気性が良く、シワになりにくい。静電気や細菌 の繁殖まで抑えた、まさにパーフェクト なマテリアルです。それは、限りなく天然繊維に近い再生繊維だからできること。管理の行き届いた森林で収穫された木材パルプを、環境負荷の少ない溶剤で溶かして紡がれた再生繊維で、溶剤は 99%リサイクル。使用後は完全に自然に還るサステナブルな繊維です。つまり、『テンセルTM』を使うこと=環境に配慮していることを意味します。服の背景にあるストーリー、環境保全への取り組みが管理された工場でのマテリアル生産は、安心と信頼を与えてくれます。

  • LENZING™ ECOVERO™

    森林から生まれた繊維『LENZING™ ECOVERO™

    再生可能な木材原料から抽出したパルプを使用して製造。環境に配慮した植林法で管理された樹木から木材を調達しています。
    製造工程で発生する二酸化炭素と水質汚染を一般的な同繊維より50%軽減した、環境に配慮した繊維で、肌触りが良く柔らかい。ずっと着ていたくなるような心地よさのあるニットです。

    TENCEL™、テンセル™、レンチング™、エコヴェロ™、LENZING™及び ECOVERO™は Lenzing AG の商標です。

  • BRING Material™

    服から服をつくる

    わたしたちの着なくなった服がリサイクルされて、糸、生地、そして服にまで生まれ変わる。
    ポリエステルの速乾性が特徴の『BRING Material™』
    いらなくなった繊維製品を回収し、ポリエステルを化学的にリサイクルすることで、新しいポリエステル原料に再生される。
    石油由来原料でつくられた素材と変わらない品質で、いつまでも、なんどでも、再生が可能です。

    BRING™/BRING Material™は日本環境設計のブランドです。

  • Natural Material

    地球と対話する機会が増えた今、天然由来の素材に切り替えていくことは自然な流れ。着る人にとっての心地よさ、周囲に与える印象の心地よさ、そして地球に還る素材を使用したプロダクトの心地よさ。着る人が地球の一部になれる。そんなブランドを目指す上で、素材に妥協はありません。他者を想い、次の世代へ循環させていく。その象徴的なモデルとして今回、エリーローズとその母マキシーン・ヴァンクリフの親子共演が実現。M_ の想いを体現してくれました。

M_が目指す世界

どんなに自分が心地よくても、それでほかの誰かや、地球のどこかを傷つけていたら、心から満たされることなどあるでしょうか。
サステナブルは当たり前。スタンダードであるべきアパレルの在り方です。
服を作る、服を選ぶ、服を着る......
そのサイクルがいずれ途切れてしまうような生産、消費の仕方はもう時代にそぐわない。永続的に循環し、次の世代へと継承されていくブランドを志して、M_ は“見えないもの”にこだわり続けます。

M_ Product